最新ニュース

「就活生に不安広がる」新型コロナ影響、大学側対応急ぐ

新型コロナウイルスの影響が就活生に直撃している。衣笠キャンパスでの開催を予定していた「アニメ業界 就活直前セミナー」(2月27日)の中止など、合同企業説明会の中止・延期が相次いだ。接触での感染を避けるために、就活生からOB・OG訪問を受けることを禁止する企業も出ていて、職務内容や企業の雰囲気を十分に知れないまま、学生は就職活動を行うこととなった。

選考過程においても、感染症予防の観点からSkypeなどを活用した「オンライン面接」を実施する企業が増えている。ただ学生からは「話しづらい」と不評で、オンライン面接で不採用となった政策科学部の学生は「自分の雰囲気を見てもらいたかった」と不満の声をあげる。

新型コロナの影響で業績が悪化し、2021年度卒業生の採用募集を取りやめた企業もある。専門商社を志望する奈良惇之介さん(経済3)は、説明会に参加予定だった繊維系商社が新卒採用の中止を発表。「そんなことがあるんだ」と驚きを隠さない。

衣笠キャリアオフィスがある研心館

本学キャリアセンターも対応を迫られている。2月26日には当面(2月27日~3月31日)の進路・就職関連企画の中止を決め、各キャンパスでの「窓口相談」を当日予約からウェブ事前予約に切り替えた。同時に特設サイトでの情報発信も進めていて、各企業のコロナ対応や企業研究の方法を掲載している。就活生に向けては「OBOGや企業との関係等で不安・トラブルが発生した際には、ひとりで抱え込まずキャリアセンターに相談してください」と呼びかける。(鶴)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。