スポーツ

接戦負け 6投手つぎ込むもあと一歩及ばず

関西学生野球連盟の秋季リーグの第1節、立命館大対関西学院大の2回戦が3日にわかさスタジアム京都(京都市右京区)で行われ、本学は5-6で敗北した。最大4点差の試合を1点差まで追い上げるも、あと一歩及ばず惜敗。勝ち点の行方は3回戦へ持ち越しとなった。

試合は1回戦に続いて初回から動いた。1回の裏、先頭打者の大崎秀真(文4)が中前安打で出塁すると、続く表悠斗(産社4)がバントを成功させて1塁走者を2塁へと送る。一死2塁の得点圏で、続く3番の竹内翔汰(経営3)は外角低めへの変化球をしぶとく拾い、これが右前への適時打となった。先制点を獲得し、本学が試合の流れを引き寄せた。

生還した大崎(左)と迎える西村

しかしすぐに関学大が反撃に転じた。2回の表、先頭打者が中前安打で出塁すると、続く関学大の馬場和輝は、有馬伽久(産社1)が投じた真ん中の甘い球を見逃さなかった。捉えられた打球は左翼席に到達し、2ランに。逆転を許して、本学は一気に関学大を追う立場となった。

先発の有馬は3回2失点

これ以上の失点は防ぎたい本学だったが、関学大打線の猛攻は依然として続いた。5回の表、継投に入った2番手の浅野太聖(産社2)からソロ本塁打を放つと、3番手の荒井豪太(産社3)には連続安打を浴びせて、本学はこの回に3失点。リードを4点に突き放された。

3番手の荒井

その後は両校とも1点を追加し、試合は終盤に入って7回の裏。なんとか追いつきたい本学打線は、二死走者無しの場面から藤井敏暉(産社4)が内野安打で出塁すると、大崎と表の1、2番コンビが連続で二塁打を放ち、2点を獲得。8回の裏にも大橋誠斗(産社3)の本塁打で1点を追加し、関学大に1点差へと迫った。

本塁打を放つ大橋
ホームを踏み叫ぶ大橋

本学6人目の投手である小林大成(産社3)が9回の表を無失点に抑え、迎えた最終回。勝利のためには、なんとしても点を取らなければならない本学だったが、結果はむなしく三者凡退に倒れ、試合終了。
1回戦の快勝とは打って変わっての大接戦。総力戦を惜敗し、開幕節の勝ち点の行方は3回戦へと持ち越しになった。

試合を終えて後藤昇監督は「今日は先発ピッチャーが全て。いい加減な投球をした」とバッサリ。打撃については「まだ本来の状態ではない」とコメントした。

次戦は4日、わかさスタジアム京都にて関学大との3回戦。

(松尾、鈴木棟、井上、井本)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.