最新ニュース

2戦目は4エラー完敗 決着は3戦目へ 

1番・セカンドで先発し、2安打1打点をマークした宮崎竜成(経営1)

 関西学生野球連盟秋季リーグ第4節、立命館大対関西学院大の2回戦が南港中央野球場(大阪市住之江区)で行われた。本学は3ー5で敗れ、24日の3回戦に勝ち点をかけることとなった。(石井・鶴)

先発の有村(文3)は「調子は悪くなかったが、負けられない戦いで先制を許し、周りが見えなくなってしまった」と振り返った。

2回表、関学大5番の髙尾を投ゴロに打ち取ったものの、有村の1塁への送球が逸れ、無死2塁とされる。続く6番髙野が左翼への適時2塁打を放ち、先制を許す。その後も安打と失策が絡み、この回3点を奪われる。

試合途中から降り始めた雨が強くなって迎えた6回表。有村は四球と安打で二死1、2塁とピンチとなって、9番衛藤の右中間を破る適時3塁打で2点を追加された。

関学大の先発は1回生の衛藤慎也

1-5と点さを広げられた直後の6回裏、無死2塁で2番井上浩輝(産社4)の打球が中堅を破る。この試合2本目の安打は適時2塁打となった。

8回にも1点を追加し、本学はこの試合9安打3得点の攻撃を見せるも、相手先発の衛藤を打ち崩すことはできず、衛藤にリーグ戦初勝利を献上した。

主将の大本(文4)も衛藤の前に空振り三振に倒れた。

 試合後、後藤監督は「完敗。守りのエラーは話にならない」とバッサリ。主将の大本は「今日は力を発揮できず悔しい。3回戦で負ければもう優勝の望みはない。腹をくくって優勝へ向けて戦う」と意気込んだ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。