最新ニュース

2021年度・2020年度入学式が開催  参加者入学の節目を刻む

4月2日、2021年度立命館大学・大学院入学式が、4月4日に2020年度立命館大学・大学院入学式が各キャンパスで行われた。なお両式典とも出席は入学者に限定され、式典時間の短縮や施設収容定員の2分の1以内に収容人数を制限するなど、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を行った上で実施された。また対面で出席できない在校生や家族などに向け、式典の様子がインターネットでライブ配信された。ライブ配信の模様は現在もオンデマンドで公開されており、立命館大学公式YouTubeチャンネル「Ritsumeikan Channel」から視聴できる。

松原洋子副学長がメッセージを送った

衣笠キャンパスで行われた両式典には松原洋子副学長が登壇。「Futurize.きみの意志が、未来」という言葉を共有し、さまざまな挑戦が混ざり合い、これまでにない新しい社会共生価値を共に生み出していきたいとした。また立命館の名の由来を述べ「自分たちを縛っている無意識の壁に気づき、私たちと共にそれを乗り越えていきましょう」と力強く伝えた。
また各キャンパスでは本学と本学校友会から2021年度、2020年度入学生に苗木が贈られた。さらに、色鮮やかな花が敷き詰められたフォトスポットや、本学の仲谷善雄総長と握手をしているような写真を撮ることができるパネルなどが設置された。

設置されたパネルでは、多くの新入生が写真撮影を行った

2021年度入学式に参加した鈴木文乃さん(文1)は開催について「気持ちのリセットができる機会となった。開催されたことがすごく嬉しい」と笑顔を見せた。また、福原和さん(産社1)は「自分のやりたいマスメディアに関する勉強ができることが楽しみ」とこれから始まる大学生活への期待を語った。さらに平祐慶さん(映像1)は映像学部のキャンパス移転について「自分が4回生になるときに、学びの環境がアップデートされることに期待している」とした。

桜の花びらが舞う中、歩む新入生

コロナ禍での対面とWeb配信を組み合わせた開催形態について、本学教学部事務部長の淺野昭人さんは「入学式は新入生が本学に入学して、大学生活のスタートを切る重要な節目の行事である。さらに、大学にとっても教学上極めて重みのある式典であることから、できる限り対面で実施したいと考えてきた」とコメントした。

1年越しの入学式 2020年度入学式開催

昨年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、2020年度春季入学式は中止。4月4日に改めて2020年度入学式が行われた。午後からあいにくの雨模様となったが、多くの2回生が参加し、笑顔を見せた。

1年越しの入学式を終えた2020年度入学者
2020年度入学者にも苗木が贈られた

2020年度入学式開催の経緯について淺野さんは「2020年度に入学した実感が得られないとの声が寄せられていた。また、春季入学式の中止を決定した際に、学長メッセージにおいて、2020年度入学者に対する入学祝賀企画を検討する約束をしていた。さらに2021年度は対面での授業が一定の比率で再開される見込みであり、入学式が重要な節目の行事であることに鑑みて、2020年度入学生を対象とした入学式を実施することにした」と述べた。また「本学に入学したという1つの節目をしっかり刻む場が必要であると考えてきた」と両式典の開催に対する思いを熱心に語った。(川村・矢沢)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。