最新ニュース

【関西学生サッカー1部】 立命大 関大に悔しい黒星

78分、関大の途中出場のMF野田将(13)に勝ち越し弾を鮮やかに決められ決勝点に

18日、関西学生サッカー1部第3節が行われ立命大はJ-GREEN堺メインフィールド(堺市)で関大と対戦。1-2で敗れた。

 

40分に先制された立命大は、後半に入り一気に積極的な攻撃にシフト。

50分、4回生のDF玉田健斗(15)の同点ゴールで同点に追いつく。

 「全員攻撃」の姿勢を見せた立命大は、チームの勝ちパターンの1つである「逆転勝ち」の再演を目指したが終盤に差し掛かる78分、攻めを意識するあまり守備の隙を突かれ失点。そのまま試合は終了し、今季初勝利はならなかった。

 

試合後、立命大の米田隆監督は「前半はチャレンジできるところが少なかったが、後半は自分たちの中では修正できていた。やり続けていることを、しっかり出し続けることが大事」と試合内容を前向きに評価。

 

またキャプテンのDF高橋将吾(5)は「課題は守備で、もっと高い位置で相手からボールを奪わなければならい。そして攻撃ではもっとシュート数を増やさねば。次節の阪南大(昨季王者)は強敵だが勝てば勢いに乗れる」と意気込んだ。(阪田裕介)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。