最新ニュース

序盤苦戦も逆転勝利 勝ち点2で首位近大と並ぶ

7回に右安打を放つ大本(文4)

 関西学生野球春季リーグ第3節、立命館大対京都大戦の2回戦が21日ほっともっとフィールド神戸(神戸市須磨区)で行われ、本学は8-3で勝利し勝ち点を獲得した。(神野)

先発し、6回7奪三振の有村

 本学は立ち上がりからピンチを迎えることになる。先発の有村(文3)は初回左安打や死球などにより走者を出すと、その後一塁への悪送球などから2点を失う。しかし、初回を終えて有村は後藤監督から「いつも通りのピッチングをすれば大丈夫」とアドバイスを受けると、その後1点を取られるも安定したピッチングで6回までを投げきった。

7回に左中間への適時二塁打を放つ三宅

  相手を追いかける形となった本学は4回、京大先発の原から山中(文3)の犠打により1点を返すも反撃は及ばず序盤を終える。打線に火がついたのは6回と7回。6回に二死から代打の三宅(産社3)が四球で出塁するとその後の連打で2点を追加し同点に追いつく。7回にも打線が繋がり一挙に5点を奪うなど相手投手の交代を機に勝利を引き寄せる。

 7回以降、本学は山梨(産社3)、影山(産社3)、糸井(産社4)の3人の投手を起用し、京大打線を0点に抑え見事逆転勝利を果たした。

 試合後、後藤監督は初回の失点について「有村が本来のピッチングをすれば抑えられていたはずだが、独り相撲の投球で失点に繋がった。ボールが高めに投げられていたため、低めで勝負」と初回終了時にアドバイスしたと語った。有村本人も試合後「今日は自分のピッチングをすることができていなかった。ボールの高さやコースに課題がある」と試合を振り返った。

FEATURE 山梨智也

同点で迎えた7回表に2番手で登板。持ち味のストレートとフォークボール中心の投球で味方のエラーで1出塁を許すも無失点に抑えた。「1点も取られないようにと少し力んだが、思い切って投げた」と振り返った背番号12は3試合にリリーフして未だに無失点の頼もしい存在だ。

7回裏に回ってきた打席では右翼への適時打を放った。この打席について「打撃は苦手で高校時代は8番バッターだった。有村のバットを借りたら打てたので有村の力もある。一本出てラッキーだった」と笑顔で語った。

自らを援護した山梨は公式戦初勝利を手にした。坂本・有村の二枚看板を支えるリリーフ右腕がチームを勝利へ導いた。

山梨 智也 #12

産業社会学部・3回生 投手 177cm 76kg 右投げ右打ち

静岡東高校出身

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。