最新ニュース

投打に歯車が噛みあった立命館。関学に先勝

5回に二塁打を放つ辰己

ほっともっとフィールド神戸(兵庫県神戸市)にて関西学生野球・春季リーグの第5節1回戦、立命館大学対関西学院大学の試合が行われた。試合は先発・山上(産社・4)の粘投で本学が7-2と快勝した。

3回に2点を先制された本学は4回まで相手先発の黒原に無得点に抑えられる。しかし試合の流れを本学に引き寄せたのはキャプテンの辰己(産社・4)であった。

 

5回一死、反撃の狼煙をあげるツーベースヒット放つ。そこから四球を挟む4連打で3点を奪取し、逆転に成功した。

辰己は8回にも2点タイムリースリーベースヒットを放ち、2安打2打点の活躍。後藤監督が「ボスザル」とユニークに表現したキャプテンが打線を盛り上げた

力投を続ける山上

投げては先発・山上が2失点完投のピッチング。試合後、山上は「フォームのバランスが悪く、考えすぎてボールが先行した」と振り返ったが、3回の2失点のみで切り抜いた。

投打の軸が活躍し、開幕からの連勝を5に伸ばした。(石井)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。