最新ニュース

硬式野球春季リーグ:関西大に2連勝 勝ち点上げる

第2戦で先制打を放つ長澤選手

関西大学野球の春季リーグ第3節、立命館大対関西大の試合が皇子山球場(滋賀県大津市)において行なわれた。第1戦、2戦共に本学が勝利し勝ち点をあげた。開幕から無傷の4連勝で首位に立っている。次戦は5月5日。神戸市のほっともっとフィールド神戸にて関西学院大学との試合に臨む。

9回2失点と好投した山上投手

第1戦は3―2で本学が勝利した。この試合、先制点を取ったのは関大だった。2回表、関大の攻撃。一死一、二塁から8番・関本がこすった打球はキャッチャーゴロになった。捕手の一塁送球後、ピッチャー山上のホームベースカバーが遅れた隙をついて、二塁走者だった西田が本塁に帰還した。

ミスで先制点を許した後の嫌な雰囲気を一打で変えたのが三宅(産社2)だった。

「打ったのは高めのストレート。ホームランを狙ったというよりは、後ろに繋ぐ気持ちで打席に立ちました」

繋ぐ気持ちが右翼席に飛び込む同点弾を呼んだ。二塁を回ったところで小さくガッツポーズをした。これが自身公式戦初の本塁打。

「4回秋のリーグ戦までに10本は打ちたい」

その後は立ち直った山上。毎回のようにランナーを背負う苦しい投球も要所を締め、関大打線の前に残塁の山を築いた。

「調子は良くなかったけれど、悪いなりに試合を作ることができた」

試合後、山上は笑顔で振り返った。

ロングリリーフで好投を続けた小橋投手

翌日行なわれた第二試合は本学が両軍合わせて21安打の乱打戦を制し、7―4で勝利した。

試合は2回表、二死から7番橋本(産社2)がエラーで出塁すると、続く長澤(産社3)の左中間を破るタイムリー二塁打で、本学が幸先よく先制点をつかんだ。その後も順調に追加点を挙げ、五回までに5―0と大きくリードした。

グラウンド整備後の6回裏、関西大学の攻撃。再び試合の流れが大きく動いた。ヒットや死球でランナーをため、6番野口の2点二塁打などで1点差まで迫られる。二死ながらも続くピンチで立命ベンチが動いた。先発の坂本に代えて小橋をマウンドに送り込んだ。小橋は相手打者を内野ゴロに打ち取り、このピンチを脱した。

円陣で気合を入れなおした本学は8回表にも押し出し四球などで2点を取り、関大を突き放した。小橋はその後もロングリリーフで力投を続け、3回3分の2を無失点と好投し、チームを勝利に導いた。

試合後のインタビューで小橋は自身の役割について「僕が出てくるのはチームが苦しい場面。1人目の打者から自分のベストボールを投げられるように準備をしている」と語った。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。