最新ニュース

4月BCPレベル引き上げ 学内発表と学外発表タイミングにずれ

本紙は、4月14日における、新型コロナウイルス感染症に対する立命館大学の行動指針(BCPレベル)引き上げに伴う、情報共有の過程について、感染症対策委員会と教学部に聞いた。

本学は4月12日、大阪府・京都府を対象とした、まん延防止等重点措置の適用を受け、新型コロナウイルス感染症に対する立命館大学の行動指針(BCPレベル)の引き上げを行わないとしていた。しかし、13日、大阪府よりオンライン授業実施要請が来ることを把握し、レベル3に引き上げることを法人危機対策本部、常任理事会で決定した。なお、大阪府より正式に通達メールが来たのは、14日午後11時18分だったという。その通達を受け、同日夜中に本学ホームページ上で、引き上げを対外的に公表した。14日中に仲谷善雄総長の SNSページにも引き上げの掲載がされた。一方、学生は引き上げについて、翌日4月15日午後1時にmanaba +Rの緊急連絡で知らされた。

ホームページ上での対外的な発表と、学内での情報共有に時間差が生じたことについて、教学部担当者は「時間差が生じたことは事実」と認めた。また「タイミングを合わせることが望ましく、今後ないようにしていきたい」と説明した。

(三井)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。