最新ニュース

軟式野球:関学振り切り勝利 西日本大会へ望みつなぐ

 

先発し好投を見せた美馬投手

軟式の関西六大学野球秋季リーグの第5節が9月26日に山城総合運動公園でおこなわれ本学は4―2で関西学院に勝利した。

今季最終戦となる27日の関大との試合に勝利すれば2位が確定し、関西六大学第2代表として今秋、熊本で催される西日本大会への出場が決まる。

エースが大一番で意地を見せ、チームを勝利に導いた。

負ければ西日本大会への出場が遠のく大一番。先発登板したのは、今季3敗と勝ち星から遠ざかっていたエースの美馬だった。

「いつもどおりの気持ちで試合に臨んだ」という美馬は序盤からテンポの良いピッチングで関学打線に的を絞らせない。要所ではスライダー、チェンジアップといった変化球がさえ、終わってみれば9回を6安打2失点の完投勝利。自身も嬉しい今季初白星となった。

重圧乗り越え、チームを勝利へ

ホームイン後にハイタッチを交わす中村選手

試合を決めたのは今季から4番に座る中村の一発だった。

1―1の同点で迎えた6回一死無塁。中村が打席に立つ。中村は春季リーグまでは6番打者だったが今季から4番に定着した。

「(4番を打つことに)最初は緊張したけれど、試合を重ねるごとに慣れてきた」と語る中村の背中にはチームの期待を背負う4番打者としての風格が漂う。

関学先発の深瀬が投じた初球を見逃した時に中村は「打てる」と確信した。バットを長く持ち、外のボールを捨て長打狙いに切り替えた。

次の真ん中よりの失投を中村は見逃さなかった。強振した打球はレフトフェンスを超えるホームラン。これが呼び水となり、この回一挙3得点で勝ち越し。4番の重圧をはねのけた男の一発が勝負を決した。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。