最新ニュース

「Forest Dining nadeshico」 BKCに新たなレストランがオープン

9月27日、本学びわこ・くさつキャンパス内の「C-cube」にレストラン「Forest Dining nadeshico」がオープンした。本レストランはカフェとしての利用も可能。滋賀県内で10店ほどの飲食店を運営する株式会社nadeshicoが、それらの店舗と同じクオリティの料理を大学内で提供できるよう出店した。株式会社nadeshico代表取締役である細川雄也さんは地元滋賀を愛する気持ちから滋賀の食材を店舗で使用。「滋賀県をもっと面白く」という思いで食を通じて喜びを届けることを目指している。

「Forest Dining nadeshico」の外観

平日11時~15時のランチタイムには、日替わりで楽しめる定食、丼ぶり、麺類がセットで提供されている。特に名物のハンバーグは毎日注文されるほど人気。平日17時からのディナータイムには、グランドメニューとしてステーキやハンバーグ、さらに酒類とおつまみなども提供されている。また時間を問わずスイーツや、スターバックスのコーヒー体験を提供するプログラム「We Proudly Serve Starbucks™」の導入による、カフェラテなども楽しめる。

「Forest Dining nadeshico」店長の杉山和行さんは「自社メニューのほとんどが手作り。手間をかけて料理を提供することをモットーとしている」と熱心に語る。

また商品の注文や決済をスマホ1つで完結できる独自のアプリを開発、導入。利用者が専用のアプリをダウンロードし、会員登録するとチャージが可能。アプリ上でメニューの注文、精算が完結する仕組みだ。これには新型コロナウイルス感染症対策とキャッシュレス時代に合わせる狙いがある。

テラス席の様子

杉山さんは学生に「大学内の憩いの場として、楽しく過ごせる空間づくりを大事にしていきたい。ぜひ遊びに来てください」と笑顔で語った。(川村・村形)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.