最新ニュース

【ドラフト】坂本2位でDeNAへ「東さんを追い越したい」

プロ野球ドラフト会議が17日、都内のホテルで行われ、本学の坂本裕哉選手(文4)が横浜DeNAベイスターズに2位で指名された。(森島)

主将で捕手の大本に肩車される坂本

 

別室待機のあと、衣笠キャンパス至徳館の会見場に現れた坂本は開口一番、「ホッとしている」と語った。坂本は直球と変化球のコンビネーションを武器に試合を作ることができる投手で、コントロールの良さが一番の売りだ。

坂本の大学野球人生には大きな影響を与えた人物がいる。それは2年前に同球団からドラフト1位指名された東克樹(2017年卒→横浜DeNA)である。同じサウスポーとして、また坂本が2回生の頃、寮で同部屋だったこともあり、トレーニング方法やピッチングフォームなど多くのことを参考にした。特に東のアドバイスにアレンジを加えたチェンジアップはそれまで以上に試合で使えるようになった。その東に対して坂本は「もう一度同じチームで野球ができるというのは嬉しいですし、これからは背中を見ているだけではなく、追いつき追い越せるように頑張っていきたい」と意気込んだ。

野球を始めた時からプロ野球選手になるのが目標で、今まで人よりも多くの練習を重ねてきた。努力し続ける坂本には「磨穿鉄硯(ませんてっけん)」という座右の銘がある。これは、強い意志を持ち続けて達成するまで変えないという意味を表す。(出典 『新五大史』「桑維翰伝」)

地元の福岡で小学生の時からお世話になっている病院の先生にもらったこの言葉はプロ野球選手を目指す大学生活の中で響いており、グローブに刺繍することで常に大事にしてきた。同球団には左投手のライバルが多数存在する。坂本は浮かれることなく「今の自分にはウエイトトレーニングによって下半身を強化する必要がある」と分析している。即戦力という期待に応える活躍ができるようにストレートを更にレベルアップしてプロの世界に臨む。

 

後藤監督

坂本が入学した時はプロ野球選手になる素材とは思っていませんでした。2位での指名には驚きました。本人はどうしてもプロに行きたがっていましたね。プロでは勝ち頭になってほしいです。注文を付けるなら安定したコントロールと球のキレでしょう。そこが東克樹と比べても足りません。2人が先発で活躍して、DeNAが優勝すると良いですね。

大本主将

「一緒にプロに行こう」と4年間やってきました。坂本のプロ入りは自分のことのように嬉しいです。生きてきて一番かもしれません。DeNAだけでなく、日本を代表する投手になってほしいです。僕もあいつに負けないように上のレベルでプロを目指します。1番はまた同じチームに入れたら。

(明日からの立同戦は)最後に良い思い出を、まあいつも通りにやっていきたいです。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。