最新ニュース

「留学生にも立同戦を盛り上げてもらいたい」立同戦のスタンドに留学生を招待

関西学生野球連盟の最終節、伝統の立同戦の初戦が18日にわかさスタジアム京都(京都市右京区)であり、本学が同志社大に40で勝利した。(鶴、吉岡)

試合後に坂本は「この仲間とできるのは最後になるかもしれないから、思い切って投げようと思った。指名されたことに恥じないようなベストを尽くして、楽しんだ」と坂本は試合後に振り返った

300通のお祝いメッセージが来たという17日から一夜明け、ドラフト会議で横浜DeNA2位指名された坂本裕哉(文4)に浮かれ気分はなかった。初回から常時140㎞越えの直球をコースに投げ込み、相手打線に的を絞らせない。62安打無失点の投球で山梨智也(産社3)にバトンを託す。その後も山梨→元氏玲仁(産社4)→糸井稜二(産社4)の投手リレーで同志社を0封。打線も宮崎竜成(経営1)の先頭打者本塁打で先制すると、コンスタントに得点を重ね、立同戦の初戦を白星で飾った。

 

 「留学生にも、立同戦を盛り上げてもらいたい」

18日はおよそ25人の留学生が応援企画に参加した

エンジ色に染まった3塁側スタンドでは、海外からの留学生も野球部にエールを送った。大学スポーツ振興を目指す立命館大学AVABeyond Borders PlazaBBP)のコラボ企画で、今春の立同戦から留学生をスタンドに招待している。試合前には野球部員との交流企画や観戦方法のレクチャーもある。AVAの松田響輝さん(法3)は「留学生にも立同戦を盛り上げてもらえれば」と期待を寄せる。

選手にエールを送るクレールさん(文3)

18日はおよそ25人の留学生が参加した。フランス出身のクレールさん(文3)は「(野球は)テレビでは観たことがあるけど、スタジアムに来るのは初めて。立命館はモチベーションがある。とても良いチームだね」と感想を述べた。19日の2回戦でも同企画が実施される予定だ。

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。