最新ニュース

「4回生が意地の活躍」立同戦の勝利で引退

関西学生野球の最終節、立同戦の2回戦が21日にわかさスタジアム京都(京都市右京区)であり本学が2-1で同志社大を下した。これで戦績は2勝となり、本学は最終節の勝ち点を得た。(鶴)

先制打を浴び、悔しさをにじませる有村大誠(文3)

雨の立同戦を本学が粘りの野球で制した。2回に1番小川の適時打で同志社大に先制を許すと、5回まで相手先発・溝田の前に打線が沈黙。得点機を見出せない。

勝ち越しとなる犠飛を放つ大本

その暗雲を振り払ったのが主将・大本拓海(文4)のバットだった。6回一死無塁、好投を続ける溝田から同点となるソロ本塁打を放つと、8回には勝ち越しとなる犠飛を放ち逆転に成功する。守備では捕手として先発の有村を巧みにリードし、同志社打線に2点目を許さない。結局、本学が2-1で逃げ切り、最終節を白星で飾った。

試合後、大本はこれが4回生の引退試合になることに触れ「なんとか後輩に意地を見せられたかな」と感慨深げな表情で振り返った。

今年の立命館は「RITSUMEI PRIDE」というスローガンを掲げ、誇りを持てるチーム作りを目指していた。その達成度を大本主将に尋ねると「メンバー外の4回生が豆を潰しながらバッティングピッチャーをしてくれるなど、スローガン通りの全員野球を後輩に示せた」と述べた。目標としていた悲願の「日本一」には及ばなかった。その目標を来年のチームが引き継ぐことになる。後輩に対して大本主将は「日本一も戦力的には行けると思う」と期待を語った上で「オフシーズン、必死に自分たちの野球に向き合ってほしい」と注文をつける。

新チームは今週末から始動するという。有村に続く2人目の投手育成や打力強化が課題となる。長い冬を乗り越えて、春にどのような野球を見せられるのか。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。