最新ニュース

硬式野球:立同戦、黒星スタート 明日第2戦

伝統の立同戦が緊張感の中、始まった

関西学生野球の最終節、伝統の「立同戦」がわかさスタジアム京都(右京区)にておこなわれた。序盤に先制に成功した同志社が終始、試合のペースを支配し4―1で勝利した。一方、本学は散発4安打と自慢の強打線が機能せず、苦い敗戦となった。明日、立同戦第2戦に挑む。

本学の先発の山上
同志社先発の福島

本学の先発投手は山上、同志社の先発投手は福島で始まったこの試合。昨季の立同戦でサヨナラ打を食らわせた福島に見事にやり返された。

2安打と気をはいた辰己

1回、2回と本学はランナーを出すも点が入らない。すると2回、安打と死球で2死満塁となると2番杉内にタイムリーを許し2点を先制される。さらにピンチが続くが、センター辰己のファインプレーでピンチを乗り切った。

しかし本学に流れはなかなか来ない。スライダーとチェンジアップを有効に使った福島の巧みな投球術に翻弄され、3回から4イニング連続で三者凡退に抑えられる。

6回にはその福島に2点タイムリーを浴び、万事休す。立同戦の初戦を白星で飾ることができなかった。試合後、辰巳主将は「チーム打率を上げようと意気込んだが、それを意識しすぎて打てなかったのでは」と分析した。

試合後の健闘を称え合う両チーム

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。