最新ニュース

立同戦1-2で無念の惜敗 エースの好投実らず

10月24日、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)にて、関西学生野球連盟秋季リーグ第7節、同志社大との伝統の立同戦の第一戦が行われた。近畿大との優勝決定戦に進むためには、一戦も負けられない、大一番であった。立命館はエース有村大誠(文4)で同志社打線に勝負をかけた。
両者無得点で迎えた4回表、4番橋本和樹(産社4)の中前打、6番琉尚矢(産社3)の四球でチャンスを作ると、8番福武修(法4)の適時打で先制した。

適時打を放つ福武

しかし、5回裏、同志社の四川雄翔の右前適時打により同点に追いつかれた。直後の6回表、四球と相手のミスで一死、2、3塁のチャンスをつくった立命館であるが、7番森田皓介(産社4)の併殺打でチャンスを逃した。

好投するエース有村

 

味方の援護点が入らない中、先発有村は持ち味の直球とスライダーにより、同志社打線を7回まで1失点に抑える好投を見せていた。しかし、8回裏、同志社打線につかまることとなる。同志社4番小西幸希の左前適時打により、1点を勝ち越され、8回途中2失点で悔しい表情を見せながらの降板となった。勝負の9回表、三者凡退で立命館の攻撃は終了し、1-2で無念の惜敗となった。

悔しさを見せる有村

 

試合後、有村は自身の投球を振り返って、「要所、要所で抑えられなかったことが反省です」と悔しさを見せた。
24日の敗戦により、首位を走る近畿大との優勝決定戦に進むことは不可能となった。しかし、リーグ戦はまだ終わっていない。最後まで、立命館らしい野球を見せてほしい。(三井、石井)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。