最新ニュース

BCPレベル1での課外自主活動「誓約書」の提出で認可

本学学生部は12月15日のBCPレベル改訂に伴い、12月27日からBCPレベル1での課外自主活動の取り扱いを変更することを発表した。

今後、活動を希望する団体は、学生部が公開している「コロナ禍におけるBCPレベル1の状況下での課外自主活動で、各団体に確認・遵守いただきたいこと」を遵守する旨の「誓約書(WEBフォーム)」を学生部へ提出することで活動が認められる。
変更以前は、BCPレベルが1の場合でも対面での課外自主活動においては、各団体の事前申請に基づく学生部長の許可が必要であった。

合宿・遠征・イベントや宿泊を伴う活動については別途学生オフィスへの届出が必要になる。なお、キャンパス内の施設に部員以外を観客として招く場合は、事前申請による許可制となる。

BCPレベルが2・3の状況下の場合には、これまでと同様に各団体が活動計画や感染症対策を学生部へ申請し学生部長が許可する形で活動が認められる。

学生部は、BCPレベルが1の状況下では課外自主活動団体に対し継続して提出を求めていた「体調管理表」「月間スケジュール」の提出を求めないとしている。施設利用は許可制ではなくなったが、活動に際しては学生部が公開している上記の確認・遵守事項を団体内の部員一人ひとりが理解した上で活動を行うことが呼びかけられている。

またこれらの変更を踏まえ、冬休み明け及び長期休暇中の各キャンパスの施設利用についても方針が示されている。詳細についてはmanaba+Rのお知らせ「(学生部)今後の課外自主活動に関わりまして」から確認できる。
(藤本)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.