未分類

【連載】ロヒンギャへの道 第1回 旅の始まり

2017年8月25日未明、ミャンマー西部のラカイン州にて、アラカン・ロヒンギャ救世軍(ARSA)と自称するグループがおよそ30ヶ所の治安施設を襲撃し、警官ら10人以上が死亡した。翌日の朝日新聞朝刊にはこうある。

「同地区では昨年、軍の掃討作戦でイスラム教徒ロヒンギャ(記事下に解説)住民への人権侵害報告が相次いだ。今回も軍の反撃で住民への迫害が懸念される」

この懸念は現実となる。治安部隊などによるロヒンギャへの反撃は苛烈を極め、襲撃と関係のない一般民衆にまで迫害が及んだ。ロヒンギャの村では虐殺が発生し、若い女性は性的暴行を受けた。「国境なき医師団」が同年12月に発表した報告によると衝突以後、ロヒンギャの死者は少なくとも6700人にのぼる。家を焼かれた人々は10日以上歩き、国境のナフ河を渡り隣国のバングラデシュへ難民として逃れた。国連の統計ではこの衝突以後、70万人を超えるロヒンギャが難民となった。

旅の始まり

3月の夏の太陽が照りつける。こめかみの汗と土埃。遠く陽炎が揺れていた。肩に食い込むバックを背負い直し、額を上げる。

「この道で合っているのだろうか」

ホテルのオーナーの話ではこの長く乾いた道の先に目的の村があった。彼は、しぶしぶと言った感じで村の場所を教えてくれたが「あそこは危険なところだから、絶対に行ってはならない」と付言した。ヤンゴンでラカイン州行きのバスチケットを購入する時にも同じ警告を受けた。

ミャンマーに旅立つ半年前の8月、ロヒンギャと現地治安部隊との衝突に端を発して、およそ70万人のロヒンギャが隣国のバングラデシュに難民として逃れた。私は新聞報道をきっかけにこの問題を知り、2つの理由で関心を抱いた。

①「ビルマの竪琴」に象徴される温和な仏教徒の国というミャンマーのイメージと、ロヒンギャ問題の暴力性が余りにもかけ離れていたこと

②「ロヒンギャ」という聞き慣れない名前の集団が、どのような人々で、なぜ迫害を受けているのか興味を持ったことである。

しかし日本で報道される情報は断片的で、ロヒンギャに関する書籍や論文もほとんど存在せず、実態や問題の背景が見えなかった。

「報道の向こう側に行きたい。この国で何が起こっているのかを自分の目で確かめたい」

その思いと同時に、いやおうなく自分の存在を考えさせられるニュースの現場に身を置くことで、社会との関わり方を規定できるのではないかという期待があった。これから自分が目指す「何か」を見つけられるような気がした。

ミャンマー最大の都市・ヤンゴンから丸2日、バスに揺られラカイン州にやってきた。ロヒンギャを巡る旅の始まりは、同州の古都・ミャウー(Mrauk U)だった。ミャウーは15―18世紀にかけて存在したアラカン王国の首都であり、現在でもパゴダ(仏塔)が往時の余影のように立ち並んでいた。

美しく立ち並ぶパゴダ

もし私がただの観光客であったのなら、甘美な思い出だけを持ち帰っていただろう。この美しい町の郊外に「東南アジア最大の人道危機」にさらされるロヒンギャの村があった。(鶴)

連載「ロヒンギャへの道」トップ

第2回 「ロヒンギャとの出会い」

今日よりロヒンギャ問題を追った長編ルポの掲載を始めます。期間は未定ですが、週1回の更新を予定しています。「東南アジア最大の人道危機」といわれるロヒンギャ問題の現状を取材し、その展望を考えます。ご意見やご感想は下記のコメント欄にお寄せください。

ロヒンギャ
ミャンマー西部・ラカイン州に住むイスラム教徒。ミャンマー政府はロヒンギャを隣国・バングラデシュからの「不法移民」とみなしていて多くのロヒンギャは国籍が付与されていない。
現地住民である仏教徒・アラカン人との争いがあり、両者の間ではたびたび衝突が発生している。わけても2017年8月の衝突は大規模なロヒンギャへの迫害につながり、およそ70万人が難民としてバングラデシュに逃れた。
ミャンマー政府はロヒンギャをベンガル地域(現在のインド東部とバングラデシュに当たる地域)から流入した不法移民とみなしている。その一方でロヒンギャは「自分たちはミャンマーで長年暮らしてきた民族であり、ミャンマー国民である」と主張する。
ミャンマー人仏教徒とロヒンギャの間で主張が対立する原因にはロヒンギャの複雑な歴史があった。ビルマ現代史を専門とする上智大学の根本敬教授はロヒンギャとは「『4つの層』から構成されたベンガル系ムスリムである」と説明する。
ミャンマー人のロヒンギャに関するイメージは1971年以降に流入した「4つ目の層」の人々である。そのために「ロヒンギャは移民であり、歴史もなく民族としては認められない」というのがミャンマー人仏教徒の一般的認識である。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。