最新ニュース

自転車事故 事前に防ぐ仕組み 本学学生団体が開発

ANSHiNブレーキシステムを搭載した 自転車ハンドル部分。手の動きを検知するセンサが装備され、通常のブレーキレバーはない

 立命館大学の学生団体EDGE SPROUTが開発する「ANSHiNブレーキアシストシステム」が、しがニュービジネスプランコンテスト2018(滋賀県主催)で、チャレンジ部門アスキー賞を受賞した。

このコンテストは、次世代を担う有望なビジネスプランを、年齢問わず県内外から広く募集する。滋賀県で新事業を考える全ての参加団体の中で、本学学生団体が入賞する快挙となった。

 ANSHiNブレーキアシストシステムは、乗り手が自転車のブレーキをかける瞬間を感知し、ブレーキシステムが事前に作動することによって、制動をアシストするもの。ブレーキがかかって作動し始めるまでの空走距離を縮め、自転車事故を防ぐ。その際の走行データを収集し、クラウド上に蓄積する。年齢層別の自転車事故は子どもが最多であり、保険などの対応だけでなく、事故自体を防ぐ仕組みが保護者から求められていた。

同団体はこのシステムの特許を申請中。自転車メーカーなどとライセンス契約を結び、収集した走行データに基づいたサービス展開を行うというビジネスプランが評価された。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。