スポーツ

散発4安打で関学大に零封負け 勝ち点落とす

関西学生野球連盟の春季リーグ第2節、立命館大対関西学院大の2回戦が14日にマイネットスタジアム皇子山(大津市)で行われた。

先発した有馬

先発の有馬伽久(産社2)は5回1失点と試合を作る。しかし、中継ぎの荒井豪太(産社4)が3失点。さらに9回表にリーグ戦初登板となった髙橋大和(文1)が1失点と中継ぎ陣が踏ん張れず0―5で敗北し、勝ち点を落とす結果となった。
初勝利から遠ざかっている現状について片山正之監督は「しょうがない。一戦一戦やっていくだけ」と話した。第3節、本学対関西大の1回戦は20日にほっともっとフィールド神戸(神戸市須磨区)で行われる予定。

 

満塁の好機で凡退した竹内翔汰(経営4)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.