最新ニュース

サヨナラ負け エースの熱投に打線応えられず

関西学生野球連盟の春季リーグ第3節、立命館大対関西学院大の第一回戦が16日にほっともっとフィールド神戸(神戸市須磨区)で行われ、本学は0-1で敗れた。再三の好機を生かせない打線はエースに最後まで援護点をプレゼントできず、最終回に関学大にサヨナラ打を許して本学は春の初白星をまたもや逃した。

主将の宮崎 次戦はリードオフマンとしての役割を果たせるか

先発の秋山凌祐(文4)は前回登板では9回を無失点にまとめており、状態は良かった。今試合も初回を三者凡退に抑えて上々の立ち上がりを見せると、直球と変化球を織り交ぜ7回まで相手打線を無安打に封じる好投球。開幕節に続いてカード頭を任されたエースは、見事にその役割を果たして打線の援護を待った。

先発のエース秋山

なんとかして秋山の熱投に応えたい本学打線は7回表、この回先頭の大崎秀真(文3)が右前安打で出塁すると、後藤監督は続く2人の打者に犠打のサインを送って二死三塁と得点圏を演出。1番打者で主将の宮崎竜成(経営4)に懸けた。

主砲の白瀧恵汰(産社4)

しかし宮崎が打ち放った飛球は、球場内の一瞬の歓声も虚しく相手左翼手のグラブの中に収まり、本学はこの回も無得点に終わった。その後、9回裏に関学大に無死満塁の場面から中前安打を放たれ、本学は0-1でサヨナラ負けを喫した。春季リーグの3戦目を終えて未だ勝ち星無しと、苦しい状況が続いている。

試合を振り返って後藤監督は「勝てる気がしないですね。4回生が頑張らないと。キャプテンが調子を落としている状態なのでどうしようもない」と肩を落とす。開幕戦に続き好投を見せた秋山については「今日も彼の投球には文句ないでしょ。終盤は自分で崩れましたが、これだけ(打線が)点を取ってくれなかったらピッチャーもめげますよ」と語った。

次戦は明日(17日)、ほっともっとフィールド神戸にて関学大との第2回戦が行われる。
(松尾)

サヨナラ勝ちを決め、湧く関学大ベンチと応援席
サヨナラ打を放たれ、マウンドを後にする秋山

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.