スポーツ

衝撃の開幕7連敗 京都大に延長サヨナラ負け

関西学生野球連盟の春季リーグ第7節、立命館大対京都大の1回戦が18日に南港中央野球場(大阪市住之江区)で行われ、延長戦の末3-4で敗北。開幕から続く連敗に終止符を打つことは叶わなかった。

4回裏、先発の有馬伽久(産社2)が先頭打者に四球を選ばれ、送りバント、適時打と京都大に流れをつかまれ先制点を許した。

先発した有馬

5回表、すぐさま本学が反撃へ動く。この回、先頭打者の有馬が右前打で出塁すると、その後に川端一正(産社2)、三木勇人(産社3)が四球を選んで一死満塁の好機をつくった。竹内翔汰(経営4)が内野ゴロを打ち、三塁走者が封殺されるも二死満塁で迎えた場面、田中陸(文4)が四球を見極め、押し出し。試合を振り出しに戻した。そして野寺快(産社3)が右越適時二塁打を放って2点を追加。3-1とし、本学が立場を逆転させた。

5回表、適時打を放った野寺

しかしその回の裏に京都大に2点の追加点を許し、同点へ。

本学の打線はそれ以降沈黙。延長戦でも好機を生かすことはできず、京都大にサヨナラ負けを喫した。

試合後、主将の竹内は「盗塁を意識したトレーニングに1週間取り組んできた」と言い、5回表での得点はその成果が少し出てきたものだと振り返った。2回表、得点にはつながらなかったものの野寺が盗塁を成功させ、本学の新たな武器が垣間見えた。

さらに9回裏からマウンドを任されたリーグ戦初登板の勝田新一朗(産社1)へは「苦しい場面で投げさせてしまったのは上回生の実力不足」だとし「打たれて悔しいと思うが伸び伸びやっていってほしい」と語った。最後に竹内は「勝ち点を落としたわけではないので明日、明後日全力で勝利をつかみに行く」と意気込んだ。

2回戦は19日、南港中央野球場で行われる予定。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.