最新ニュース

関西学生野球:サヨナラ打の榮枝 立命館完全優勝

「完全優勝」を決め記念写真を撮る立命ナイン

最終回にドラマが待っていた。1―5と本学が4点ビハインドの最終回。それまで好投を続けていた相手先発・仲野を攻めたてる。この試合、本学はいくども好機を作っていたが、その度に仲野の前に倒れていた。その仲野から好機を作ると、内野ゴロと適時打で2点差にまで迫る。ここで同志社はエース・福島にスイッチ。押出しで1点差になると、打席には代打・榮枝(文2)。その3球目、低めの直球を捉えると打球は右中間を真っ二つ。劇的な逆転打で「完全優勝」に花を添えた。

 サヨナラ打の榮枝は「実力というよりは気持ちで打ちました」とコメント。実はこの安打がリーグ戦初ヒット。「小学校からずっとキャッチャーです」と語るとおり、普段は守備力の高さをかわれての起用が多い。これからはその打撃力にも期待だ。

試合後には春季リーグの閉会式が行われた。本学の表彰選手は以下の通り

  最優秀選手 辰己涼介(産社4)
最優秀投手 山上大輔(産社4)
首位打者(.485) 橋本和樹(産社2)
ベストナイン 一塁手 橋本和樹
外野手 辰己涼介

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。