最新ニュース

真夏の立同戦へ 関西学生野球開幕 8月9日に再延期

関西学生野球連盟は6月6日に延期されていた春季リーグ戦の開幕を、8月9日に再延期することを発表した。リーグ戦は通常、加盟する6大学総当たりで、2試合先取の勝ち点制で行われる。連盟は、延期により今季のリーグ戦を史上初の1試合総当たり制で行うとしている。また、会場は通常のリーグ戦が行われる南港中央野球場(大阪市住之江区)などが使用される予定だ。

今季のエース有村大誠(文4)

当初、リーグ戦は4月4日の開幕を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大により2週間後の4月18日に延期。しかし、その後の感染状況から6月6日に再延期されていた。今回が3度目の延期となる。本学を始め、加盟する大学が活動を行えていないことを考慮した形だ。

連盟は、観客動員などの詳細は7月の臨時常任理事会で決定するとしている。また、開幕の1カ月前までに練習を再開できていない大学がある場合は、リーグ戦が中止される。(石井)

関西学生野球連盟

関西学生野球連盟立命館大の他に同志社大関西大関西学院大京都大近畿大の6校が所属しており、春(4~5月)と秋(9~10月)の年間2回のリーグ戦で優勝を争う。リーグ戦最終週の立同戦(立命館大ー同志社大)は両校の威信をかけた戦いで、例年全学的な盛り上がりを見せる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。