最新ニュース

【学生がアプリを開発】BKCバス用「Busdes!」

立命館大学びわこ・くさつキャンパス(BKC)と南草津駅を結ぶ近江鉄道バスの時刻を確認できるアプリ「Busdes!」が2019年12月から配信されている。本アプリは「学生が利用するバスをITを通してもっと便利にし、キャンパスライフを活性化させる」といった目的で、村上諒太さん(情理4)、斉藤俊介さん(情理4)ら4人が開発した。

アプリ「Busdes!」Andoroid/iOSに対応

アプリでは、主に「南草津駅発BKC行」と「BKC発南草津駅行」の、直近で発車するバスの時刻と発車までの時間がカウントダウン方式で表示される。また、目的地までの所要時間と経由地も表示される。バスが遅延している場合はリアルタイムで情報が更新され、バスの遅延にあわせた到着時間が配信される。BKCと南草津駅以外にも、その間にあるバス停を自由に登録することで、自分専用の経路情報を作成することも可能。平日・休日ごとの時刻表を確認できるのも特徴だ。村上さんは「バス路線の複雑さによる学生の不安を解決できたら嬉しい」と述べる。

開発チームのメンバー【左から村上諒太さん(エンジニア・情理4)、斉藤俊介さん(エンジニア・情理4)、稲村涼さん(デザイナー・テクノロジーマネジメント研究科2019年度卒業)、天知駿介さん(エンジニア・理工学研究科M1)】※この写真は昨冬に撮影されたものです。

6月末時点でのダウンロード数は約1100で、いかに多くの学生にアプリを使ってもらえるかが課題という。斉藤さんは「このアプリを当たり前にように使ってもらえるよう、さらに成長させていきたい」と今後の抱負を語った。(堀ノ内)

アプリのダウンロードはこちらから

※本記事は今年2月末に取材したものを、最新情報を踏まえて掲載しております。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。