最新ニュース

まいまい京都 オンラインで京を散策

新型コロナウイルスの影響により、外出や旅行に出掛けることは難しくなった。しかしこのような中でも、京都を中心としたミニツアーを企画している「まいまい京都」は新たな取り組みを始めた。
もともと、まいまい京都はガイドを行う人の特徴を生かしたツアーを行っている。名前の「まいまい」とはうろうろするという意味の京ことば。新しい発見ができたり、ガイドの面白い話を聞けたりすることから、全国にファンは多い。
しかし、新型コロナウイルスの影響で4月からは対面ツアーのほとんどが中止となった。そこで、ガイドとカメラマンが現地から中継するなどの方法でオンラインツアーを始めた。普段は20人程の小人数で行っているが、オンラインツアーでは多いもので約600人が参加した。現在は対面ツアーも再開しているが、引き続きオンラインツアーも実施している。

まいまい京都が行っているオンラインツアーの様子

また、まいまい京都は「まち歩き」をコンセプトとしてツアーを企画している。そのため、普段のツアーは徒歩での移動が基本だ。その良さについて、まいまい京都のスタッフである柏原卓之さんは「自転車や車では気付けない発見が多くできること」と語る。また、今後については「まち歩きをさらに発展させることで収益を上げていきたい。自分たちで事業を発展させていくことが目標だ」と意欲を見せた。(石川)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。