最新ニュース

関学大に逆転負け 打線はあと1本が出ず

関西学生野球秋季リーグ第2節の立命館大対関学大の第2回戦が20日、南港中央野球場(大阪市住之江区)で行われ本学は1対2で敗れた。計5人の投手を投入するも、あと1本が出ず惜敗となった。

先制点を挙げたのは本学打線。1回裏、安打と進塁打で2死2塁とした場面。「狙い球は決めていなかった。ストライクを振りにいく意識」と4番白瀧恵汰(産社3)が放った打球は二遊間を抜き、先制の中前適時打。その後、5番で主将の琉尚矢(産社4)も左安打で続き2死1、3塁としたが、6番山口乃義(産社4)が三振で倒れ追加点とはならなかった。

先発は今季初登板のエース秋山凌祐(文3)。序盤はランナーを出しながらも無失点に抑える粘投を見せていたが3回表、関学大打線に捕まった。右越え二塁打と内安打の連打を浴び1死1、2塁とすると、主砲の4番杉園大樹に右翼線への適時二塁打を放たれ、この回逆転を許してしまう。

先発の秋山は3回2失点   次戦は好投なるか

打線は直後の3回裏、四球と相手失策で無死1、2塁とし迎えるは再び4番白瀧。捉えた強いライナーは運悪くも遊直、そのまま2塁送球で併殺打。後続も走者を返せずこの回は無得点に終わる。

4回以降は継投に入り、京極翔也(産社1)、高塚純正(法3)、谷脇弘起(産社2)、藤本竜輝(産社2)の4人の投手を投入。関学大打線を無得点に封じる。

2戦連投の藤本は1回無安打と好救援

再三の好機を生かせず苦しむ打線は9回裏。先頭の1番石田龍史(産社4)が右前で出塁すると、続く大崎秀真(文2)が犠打で1死2塁と一打同点の場面を作る。しかし3番池上颯(文4)が三振。続く代打西村唯人(文2)も二ゴロに倒れ試合終了。あと一本が出ず、1対2と惜しくも敗れた。

9回裏、右前安打を放つ石田

残塁数12の打線について後藤昇監督は「情けないの一言に尽きる」とコメント。先発の秋山については「2点を取られたタイミングが悪かった。もう1点追加点を取るまでは辛抱してほしかったです」と語った。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.