最新ニュース

近畿大に逆転負け 投手陣が踏ん張れず

関西学生野球秋季リーグ第5節の立命館大対近畿大戦の第1回戦が10日、南港中央野球場(大阪市住之江区)で行われ本学は4対5の逆転負けを喫した。この敗戦により、本学の秋季リーグ優勝の可能性は消滅。目標である創部初の全国制覇は来春以降に持ち越しとなった。

本学先発の秋山凌祐(文3)は初回、連打により2死1、2塁とされると近大主将の片岡大和に左前適時打を放たれ先制点を許す。

先発の秋山

本来の投球を取り戻したい秋山であったが続く2回にも失点し、3回で降板。前回登板は6回無失点の投球を見せたエースだが、今日の登板は先発の役割を果たすことはできなかった。

本学打線は4回、3連打で2死満塁とすると、代打・神先恵都(文3)が右前適時打を放ち、2人の走者を返して試合を振り出しに戻す。勢いに乗った打線は続く5回、2死2、3塁の場面で主将の琉尚矢(産社4)が左越えの適時二塁打を放ち、逆転に成功。リードを2点とした。

逆転2塁打を放つ主将の琉
生還した走者をベンチで迎える立命ナイン

このまま逃げ切りたい本学であったが、継投陣がリードを守り切れなかった。7回、2番手の谷脇弘起(産社2)が2死1塁の場面から相手クリーンアップの連打を浴びて同点とされると、続く8回には3番手の高塚純正(文3)が1死2塁の場面で右中間への逆転三塁打を放たれてしまう。

2番手の谷脇は4回2失点

その後、本学の9回の攻撃は無得点で終え、試合は4対5で終了した。終盤に巻き返され、逆転敗北となった。

試合を終えて琉主将は「勝たないと次はなかった。チームを勝たせることができなかったのが1番悔しい」とコメント。明日以降の試合の臨み方については「チームがテーマにしてきたことを最後まで成し遂げてほしいと監督から話があった。僕が中心となってやっていきたい」と語った。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.