最新ニュース

「将来はチームのエースに」DeNA坂本独占インタビュー

本学硬式野球部のエース坂本裕哉さん(文4)はドラフト2位で横浜DeNAベイスターズに入団した。即戦力として左腕王国の一翼を担う活躍が期待されている中、ドラフト指名時の心境や大学野球生活についてインタビューした。

―ドラフト指名時の心境はいかがしたか

不安が大きかったので、ほっとしたというのが一番です。

―2位という順位についてはいかがですか

こんなに高い順位で呼ばれると思っていなかったので驚きました。高い評価をしてもらえて嬉しいです。

ドラフト指名後にチームメイトから祝福される坂本選手

―DeNAはどのようなイメージですか

ここ最近強くなってきて、明るいチームだし、応援も熱気があって良いチームだと思います。左投手が多いチームなので学べることも多いと思います。まずは色々なことを勉強していきながらも自分の軸をぶらさずに、競争の中で1年目から先発で活躍できるように頑張ります。

―先輩の東克樹投手(DeNA・17年文卒)が在籍することについては

目標の一人としているのでもう一度同じチームでプレーできるのは嬉しいです。同じチームに行けて良かったです。東さんは野球生活で一番大きな存在です。プライベートでもお世話になりましたし、部屋が一緒だったのでよく二人で昼寝をしました。

―ドラフト後に東投手から連絡はありましたか

ありました。すごく喜んでくれて。あんなに喜んでくれるとは思いませんでした。

―辰己涼介選手(楽天・18年産社卒)からは連絡はありましたか

辰己さんとはドラフトの直前も当日もずっとラインをしていました。1年前に辰己さんがプロに行ったとき「僕も1年後に行くから待っていてください」と言ったら「お前じゃ無理だと思うけど頑張れよ」と言われて。プロにいけたのは辰己さんなりの言葉で奮い立たせてもらったおかげでもあります。良い意味で期待を裏切ることができて良かったです。

―プロで活躍する上での自身の強みは何ですか

コントロールと、先発として試合を作る能力です。まっすぐはまだプロのレベルではないのでこれから鍛えていきます。

―タイトルは考えていますか

まずは1年間先発ローテーションを守れば、自然と良い結果になると思います。1年目からそんなに甘くはないですけど、色々なことを勉強して頑張ります。

―この選手のここを学びたいということはありますか

将来的には自分もエースとして活躍したいと思っているので、今永昇太投手に技術的なことももちろんですが、プロのエースとしての振る舞いを学びたいと思います。

―プロで対戦したいバッターは誰ですか

すごいバッターばかりなので全員と対戦するのが楽しみです。でもやっぱりテレビを見ていて本当にすごいと思うのは鈴木誠也選手(広島)や坂本勇人選手(巨人)です。今までテレビの中の人だった選手たちと対戦するのが楽しみです。あとは辰己さんとも対戦したいです。

―辰己選手を打ち取る自信はありますか

向こうは1年多くプロを経験しているので簡単に抑えられるとは思いませんが、頑張ります。

―セ・リーグは投手も打席に入りますが、自身の打撃についてはいかがですか

ピッチャーだから見逃し三振みたいな選手にはなりたくないです。大事なところで叱り打てるようなバッティングをしたいなと思います。

―横浜に住むことについてはいかがですか

福岡から京都に来て、次は関東に行ってみたかったので楽しみです。

―プロはいつ頃から意識していましたか

野球を始めたときからプロ野球選手になりたかったです。高校では叶わなかったので、4年後に絶対にプロに行こうという思いで大学に入学しました。下回生の時はまだまだでしたが、4回生の春に結果が出て、現実的な目標として考え出しました。

―大学での野球生活を振り返っていかがですか

結果的にプロに行くという目標が叶って成長できた4年間だったと思います。悔しい思いも嬉しい思いもたくさんした、あっという間だったけど中身の濃いものでした。

―大学で一番印象に残っている試合はありますか

2回生秋に先発した関西大戦です。勝てば優勝が近づく試合で東投手が負傷してしまい、当日に急遽先発を告げられました。試合は5回途中4失点で降板して、先輩たちの優勝を消してしまいました。あの試合は相当悔しかったですし、そこから頑張る糧になりました。

―リーグでのライバルはいましたか

近畿大の村西です。アイツがいたからここまで成長できたと思うし、お互いが刺激になりました。僕一人ではここまで注目されることはなかったですし、アイツがいたから色々な人に見てもらえたと思うので感謝しています。ドラフト後には食事に行きました。

ライバルに挙げた村西良太選手(オリックスバファローズ・ドラフト3位)

―リーグで怖い打者はいましたか

竹村(近大)です。一番対戦していて楽しかったです。どう打ち取るのかを考えるのが難しい打者で、どこに投げてもヒットに出来る打者なので神経をすり減らしながら投げていました。今まで対戦した中で一番良い打者だったと思います。

―後藤昇監督はどのような存在ですか

プロにいけたのは監督のおかげです。下回生の時から大事な試合で投げさせてもらい、3回生からは先発、4回生からは主戦で投げさせてもらえました。入学したときからプロに行きたいと言い続けて、でも監督にはそんなレベルじゃないと言われ続けました。今考えたらプロにいけるような起用をしてくれていましたし、練習も強制せず、自分のやりたいことを優先させてくれました。

―4回生からはエースとして今までより意識が変わった部分はありましたか

自分の出来でチームの勝敗が決まるので、練習から周りとは違うことをしようということは常に考えていました。周りがだらけているときも自分は走るなど、エースとしての姿勢を見せていました。

―来年のエースとなる有村大誠投手(文3)へ期待することはありますか

アイツもプロを目指していて、行ける選手だと思っているので期待はしています。あまり背負い込みすぎないように。意外と緊張しいなのでエースになってもっと緊張すると思うけど練習から自分にプレッシャーをかけながら頑張ってほしいなと思います。

坂本選手が期待する有村選手

―バッテリーを組む大本拓海主将(文4)はどのような存在ですか

プライベートでもほぼ毎日一緒にいたので、相棒でした。捕手として4年間で本当に成長したと思うし、2回生から東さんと組んで色々なことを学んだと思います。配球はまだまだですが(笑)。でも色々な面で成長して良いキャッチャーになったと思います。

坂本選手とバッテリーを組んだ大本主将(右)

―4番打者としての大本主将はどうでしたか

アイツも4番で捕手で主将で色々なプレッシャーを背負っていたと思いますが、もっと打ってほしかったですね(笑)。元々打撃が売りの選手なので社会人でしっかり打ってほしいと思います。

―主将としては頼もしい存在でしたか

うーん。どうですかね。ビシッと締めるタイプではなかったので。まあでも主将として彼なりに色々と考えてやっていたのでお疲れ様と言いたいですね。

―チームメイトでこの人のここには助けられたという選手はいますか

今季は井上の打撃です。井上が2番打者で最後の集大成として活躍をしてくれて。完封した近大戦も井上のホームラン1本で勝てました。最後のシーズンで井上が活躍したのは同じ4回生として嬉しかったですし、守備でも打撃でも色々と助けられることが多かったと思います。

頼もしい存在であった井上浩輝選手(産社4)

―野球以外の大学生活を振り返っていかがですか

京都観光したり、USJに行ったり、旅行に行ったり。結構遊びに行きました。あとはよく大本とラーメンを食べに行きました。京都のラーメンは博多ラーメンとは全然違いますが、京都はおいしい店が多いです。

―大学4年間で一番学べたことは何ですか。

自分で考えて練習をすることです。目標を立てて、そのためにこの練習をするとか。高校まではやらされる練習でしたが、大学ではお手本となる先輩に色々と学びながら練習しました。

―野球部の後輩へメッセージはありますか

ちゃんとした目標を持ってそれに向かって野球をやってほしいです。野球をすることによって野球の技術意外にも学べることはあるので自信を持って良い大学野球生活を送れたと思えるように頑張ってほしいです。

―色紙に座右の銘をお願いします

磨穿鉄硯です。お世話になっている病院の先生からもらった言葉でずっと大事にしています。強い意志を持ち続けて一つの目標を達成するまで頑張ります。

坂本裕哉(さかもと・ゆうや)

1997年福岡県生まれ。文学部所属。身長180cm・体重83kg。左投左打。

福岡大大濠高出身。4回生時からはエースとして活躍し、関西学生野球連盟リーグ

通算16勝を挙げる。2020年より横浜DeNAベイスターズでプレーする。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。