最新ニュース

本学史上初の最下位近づく 京大に黒星を喫する

関西学生野球連盟の春季リーグ第6節、立命館大対京都大の第2回戦が5月6日に南港中央野球場(大阪市住之江区)で行われた。本学は0-3で敗れ、春季リーグでの成績を1勝7敗とした。この結果により、本学は関西学生野球連盟リーグ戦において史上初の最下位が近づくことになった。

中安打で出塁した4番白瀧

本学は初回、二死走者なしから3番桃谷惟吹(産社3)が四球で出塁すると、続く4番白瀧恵汰(産社4)が中安打、5番竹内翔汰(経営2)が四球として二死満塁のチャンスを作る。しかし、6番大崎秀真(文3)が一塁ゴロに倒れ、得点には至らなかった。

今季、5度目の先発を務めたエース秋山

先発の秋山凌祐(文4)は苦しい投球内容になった。4回までに5本の安打を食らい75球での降板。続く2番手は長屋竣大(産社2)。5回表を三者凡退に抑えるも6回表に京大打線に捕まり、2失点でノックアウト。さらに5番手の京極翔也(産社2)も9回表に1失点を許した。

中飛に倒れた宮崎

3点のビハインドを背負って迎えた9回裏。7番西村唯人(文3)が中安打で出塁すると、9番広田太陽(産社4)も右安打で続く。二死1、2塁の状況でバッターボックスには宮崎竜成(経営4)。絶体絶命のなかで放たれた主将の一打は、無常にも中飛に終わり、本学は無念の敗北となった。

京大に黒星を喫する立命ナイン

試合を振り返って、後藤昇監督は「何をしても打てなかった」と声を落とした。(下田・中村)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.