最新ニュース

立同戦 初戦敗れる 5人継投も逆転許す

4回表、ヒットを打つ池上

5月24日、わかさスタジアム京都(京都市右京区)で関西学生野球連盟春季リーグの最終節である立命館大と同志社大の第1回戦が行われた。雨が降るなか、試合は3対5で本学が敗れ立同戦の初戦を落とした。

4回表、本学は四球と盗塁で一死2塁としたところに4番池上颯(文4)の適時打で1点を先制。直後に1点を返され同点で迎えた5回表には一死2、3塁のチャンスで1番宮崎竜成(経営3)がライト方向への三塁打を放ち、2点の勝ち越しに成功した。

打席に立つ宮崎

投げては先発の秋山凌祐(文3)が4回で降板し、5人の投手を投入した。1点をリードしたまま迎えた7回裏では4番手で登板した福田桃也(文3)が右中間を破る三塁打や自身の暴投で3点を失った。逆転を許して迎えた8回、9回の攻撃は共に三者凡退。2点差で敗れる結果となった。

先発として登板した秋山

春季リーグ優勝の可能性が残るなかで迎えた大事な初戦。7人の継投リレーを見せた同志社投手陣を前に、本学は4安打9三振に終わった。

試合後に後藤昇監督は「今日の試合は中継ぎとミスが全て。中継ぎが抑えていれば勝っていた」と振り返った。(唐木)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.