最新ニュース

立同戦3戦目 打線つながり完封勝利

5回、先制適時打を放つ桃谷

関西学生野球連盟春季リーグの最終節となる立命館大と同志社大による第3回戦が5月26日、皇子山球場(大津市)で行われた。本学は相手打線を0点に抑えて6対0で勝利。1勝1敗1分けとし、立同戦勝ち越しへ望みをつないだ。

1回から4回までは投手戦となり、ともに得点が入らない状態が続いた。先発の村上大芽(文4)は3回まで1安打3奪三振に抑えるなど、好投を見せた。

3回まで相手打線を1安打に抑えた村上

試合が動いたのは5回表。1番の宮崎竜成(経営3)が死球で出塁すると、2番の山口乃義(産社4)も四球で続く。その後宮崎の盗塁などで一死2、3塁とし、迎えたのは桃谷惟吹(産社2)。左中間へ二塁打を放ち、本学が2点を先制した。

8回、この試合唯一となる三塁打を打つ白瀧

8回には4番の池上颯(文4)が内野安打、琉尚矢(産社4)が四球で出塁し、無死1、2塁とする。続く代打の白瀧恵汰(産社3)は右中間へ適時三塁打を放つ。この安打などでこの回3点を追加した本学は、9回に琉の二塁打でダメ押しの1点を加え、勝負を決定づけた。

9回、左方向へ二塁打を放つ琉

試合後、後藤昇監督は「打つべき人が打ってくれた」としたものの、課題として打線が得点に結びつかない点をあげ「本来はもっと得点を取れても良かったのでは」と振り返った。また先制タイムリーを放った桃谷は「1点をどうしても取りたい場面だったので、大振りではなくてコンパクトに打った」と自身の打撃について述べ「優勝はなくなってしまったが、秋のリーグ戦に向けた準備ははじまっているので頑張りたい」と前を見据えた。

次戦は5月31日、リーグ最終戦としてほっともっとフィールド神戸(神戸市須磨区)で行われる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。