最新ニュース

京都市バス 新ダイヤでサービス充実 IC定期券、乗継割引も

キャンパス内から発車するバス

(2017年5月号紙面より)

衣笠キャンパスへの通学はもちろん、京都市内の移動や観光で多くの人が利用する京都市バス。今年3月のダイヤ改正で、より便利に利用できるようになった。今回は、市バスと地下鉄を運営する京都市交通局に市バス新ダイヤや新サービスについて話を聞いた。 (吉武)

 今年度から開始された目玉サービスに「ICOCА定期券」の発売とICカード乗継割引がある。

これまで交通局では紙または磁気の定期券を発行してきたが、今年度からICOCA定期券の発売を開始した。既に磁気や紙の定期券を持っていても、手数料無料でIC定期への切り替えが可能だ。乗り越した場合もタッチするだけで自動精算され、紛失しても再発行が可能。紙や磁気の定期券よりも便利に利用できる。

またICOCAなどの交通系ICカードで地下鉄・市バス・京都バスを乗り継ぐと割引を受けられるようになった。バスとバスを乗り継ぐと90円、バスと地下鉄を乗り継ぐと60円が2回目の運賃から割引される。

訪日外国人観光客の増加で京都の街を走る市バスは混雑を極めているが、新ダイヤ改正によって混雑解消に向けた主要系統の運行拡充が行われた。循環系統の203、204、205、206系統でラッシュ時間帯の増便が行われた。またこれまで観光シーズンの臨時路線だった「二条城・金閣寺Express」の通年運行を開始。京都駅と金閣寺間で観光需要の多い二条城、西本願寺、北野天満宮にのみ停車する。観光客の乗車を促すことで分散し、205や101系統などの混雑緩和を図る。

本学の通学ラッシュ時に運行される阪急西院駅と接続する西大路四条を経由して京都駅を結ぶ快速205は、試行期間を終え、キャンパス内のバス停から発車する便を1日11本に増便した。また朝8時21分と29分に西大路四条を発車する臨時直行バス、立命館ダイレクトは運行を継続していてこちらの利用も便利だ。

市交通局は、観光客と市民の双方が快適に利用できるよう、今後も混雑解消に取り組みたいとしている。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。