最新ニュース

食マネジメント研究科開設 2021年4月からBKCで

立命館大学は7月27日、来年4月からびわこ・くさつキャンパス(BKC)に「食マネジメント研究科」を開設することを発表した。2018年に開設した食マネジメント学部を基礎とする同研究科は、日本初のマネジメントを中心に食を複合的に研究する大学院となる。
同研究科は「食に対する経営・イノベーション」、「食を通した多文化共生の地域社会づくり」、「食を通した福祉・健康コーディネーション」の3つを食に関わる社会的重点課題として掲げている。これらの課題に対し、経済学・経営学の分野に、食の歴史学や食の文化論などの知見を取り込んだ複合的な研究を行うことができる。
本学に新たな研究科が開設するのは2018年に大阪いばらきキャンパスに人間科学研究科が開設して以来だ。BKCでは7番目、大学全体としては21番目の研究科となる。
同研究科の入学定員は、博士課程前期が20名、後期が3名。それぞれ食マネジメント修士、博士の学位が取得できる。(石井)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。