最新ニュース

秋季リーグ2回戦 本塁打を放つも関大に敗れる

わかさスタジアム京都(京都市右京区)で5日、関西学生野球秋季リーグ第1節の立命館大対関西大の第2回戦が行われ、本学は1対3で敗れた。第1回戦に続き苦しい結果となった。

4日につづき苦しい結果となった

先発の西成漱石(産社3)は立ち上がりから四球や盗塁により二死二塁とするも、堅い守りで得点を防ぐ。
一方打撃においては関大の強力なバッテリーに阻まれ打線がつながらず、1回裏は三者凡退に終わる。

試合が動いたのは2回裏。4日の第1回戦が初出場であった4番の藤井敏暉(産社2)がレフト方向にソロ本塁打を放ち、先制点をあげた。

豪快なスイングでレフト方向に本塁打を放った藤井

 

戻った藤井に仲間が喜びをみせた

だが3回表、関大が反撃に出る。左前二塁打と犠打で一死三塁の場面、関大の野口智哉が放った浅めの打球に左翼手の反応が遅れ、レフトの前に落ちてしまう。これが同点タイムリーとなり、三塁走者がホームに生還した。
その後5回表、関大は7番野口の左前二塁打でチャンスをつくる。続く上神雄三の二塁打、9番小河英一郎の左線への適時打により2点を追加。試合はそのまま動かず、1対3の逆転負けとなった。

試合終了後、応援席に挨拶を行う野球部員

ソロ本塁打を放った藤井は「自分がチームを引っ張っていくという気持ちで試合に挑んだ」と話す。自身の本塁打については「とてもうれしかった。自分の持ち味である思い切りの良さを出すことができた」と顔をほころばせた。次戦に向けては「最善の準備をして臨みたい」と意気込んだ。

後藤昇監督は「結果としては負けてしまったが、勝ち負けに関係なく、選手たちにとって次につながる良い経験になったのではないか」と試合を振り返った。また4日に行われた第1回戦との違いについて「選手たちのモチベーションや雰囲気づくりがよかった」と話した。
「打てなかったのが大きな敗因」と分析する反面、「村上大芽(文4)や高塚純正(法3)がよく投げてくれた」と投手陣を労った。「怪我をしない体づくりを徹底していく」と次戦を見据えた。(坂口)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.