最新ニュース

京大との激戦制す 白星発進で春のリベンジへ

関西学生野球秋季リーグ第4節、立命館大対京都大戦の1回戦が24日、ほっともっとフィールド神戸(神戸市須磨区)で行われた。延長戦の末、4番白瀧恵汰(産社4)のサヨナラ打によって試合を2-1とし、本学が劇的な勝利を収めた。

サヨナラ打を放つ白瀧

2回裏、本学は4番白瀧が中前安打、5番竹内翔汰(経営2)が左越安打と続き、無死1、2塁の好機を作るも、白瀧が2塁刺殺で倒れ一死、1塁。6番大崎秀真(文3)は併殺に倒れ、3アウト。先制点には至らなかった。

左越安打を放つ竹内

5回表、京都大に先制点を許すも、7回裏、8番北村涼(経営3)の右犠飛打により同点とする。

1-1の同点で迎えた9回裏、7番星子海勢(産社3)が左越二安打を放ち、無死2塁と一打サヨナラの場面を演出するも、本学打線は後続が続くことができなかった。無得点で9回裏の攻撃を終え、試合は両者が無死1、2塁からの攻撃となるタイブレーク方式で延長戦に突入した。

4番手の京極

無死1、2塁の状態で始まった10回表。4番手の京極翔也(産社2)は京大打線を打者3人に抑え、本学に流れを引き寄せた。すると10回裏、4番白瀧の一振りがライトオーバーの大きな当たりとなった。これがサヨナラ打となり、試合は2-1でゲームセット。本学は勝ち点獲得へ向け、白星発進を決めた。

京大戦を白星発進で決めた立命ナイン

白瀧は「序盤に自分の送塁ミスなどが目立ったこともあり、相手に流れを渡して苦しい状況だった。しかし春とは違った終盤の粘り強さがあった分、今日の勝ちにつながった」と試合を振り返った。明日の2回戦に向けて「もう少し自分たちの野球をやってしっかり勝ちたい」とコメントした。(文責、中村・写真、奥野)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.