最新ニュース

立同戦 シーソーゲーム敗れ黒星スタート

関西学生野球連盟秋季リーグの最終節、立命館大対同志社大の第1回戦が22日にわかさスタジアム京都(京都市右京区)で行われ、本学は3-4で敗北した。試合は3-3で迎えた9回の裏、本学は同志社にサヨナラを許し、立同戦の初戦を黒星スタートとした。

初回、西村唯人(文3)が中前安打で出塁し1死1塁とすると、ピッチャーの暴投によって1死2塁の好機となり、桃谷惟吹(産社3)が中飛球に倒れるも、白瀧恵汰(産社4)が左安打を放ち西村が生還。本学が先制点を獲得した。

左安打を放った白滝

しかしその裏、同志社に同点に追いつかれ、2回裏には1点の勝ち越しを許した。

本学は5回、星子海勢(産社3)が遊失策によって出塁して無死2塁とすると、宮崎竜成(経営4)が三遊間を抜くタイムリーを放ち、同点とする。続く西村が一塁手失策で出塁し1死1,2塁とすると、代走の北村涼(経営3)が相手の暴投により生還。試合を3-2とし、逆転に成功するも、その裏、同志社に再び同点に追いつかれ試合はシーソーゲームの様相を呈した。

三遊間を抜く宮崎のタイムリー
生還した北村

3-3で迎えた9回の裏、同志社は2死2,3塁の好機を作る。2番手、藤本竜輝(産社3)の56球目、同志社の田村の打球はサードゴロに思われたが、これを三塁手西村が一塁悪送球。この間に同志社の走者が生還し、試合は3-4でゲームセット。本学はサヨナラ負けを喫し、立同戦の初戦を黒星スタートとした。

立同戦の初戦は黒星スタートとなった

立同戦の第二回戦は明日23日、わかさスタジアム京都(京都市右京区)で行われる。

(中村・伊里)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.