最新ニュース

ミスキャンパス立命館2021ファイナリストへインタビュー Part1

7月12日にミスキャンパス立命館2021のファイナリスト6名が発表された。今回は、谷村杏乃(たにむらあんの)さん(文4)、平山乃綾(ひらやまのあ)さん(政策2)、高倉雅(たかくらみやび)さん(国関3)のファイナリスト3名の素顔と、ミスキャンパス立命館2021にかける思いに迫った。

Entry No,1 谷村杏乃(たにむらあんの)さん

-ミスキャンパス立命館2021に挑戦したきっかけは何ですか?

私は今年で4回生になりますが、昨年度はサークルや旅行など、コロナでできなかったことがたくさんありました。そんな中、立命館大学の学生としての最後の年に、何か大きなことに取り組みたいと思うようになったのがきっかけです。

-現在取り組んでいること(趣味、課外自主活動など)を教えてください。

いま最も力を注いでいるのは、ミスキャンパスのイベントです。この他にも、趣味の旅行に行けない代わりに、入浴剤を集めてお風呂を楽しんだり、納豆の食べ比べをしてみたり、家で旅行気分を味わったりしています。

-日頃心掛けていること(座右の銘、モットーなど)はありますか?

私のモットーは「生きているだけで丸儲け」です。
私は幼少期から、家の近所のバレエ教室に通っていました。クラシックバレエを3歳から高2まで習った私は、話して表現するよりも踊って表現することが好きでしたが、思うように動けない時もありました。そんな時に、このモットーに出会い、自分にできる全力を注ぐようになりました。だからこそ、ミスキャンパス立命館2021に思い切って挑戦できたのだと思います。

-今後の活動でチャレンジしたいことや意気込みを教えてください。

楽しみながら全力で、200%でやっていければと思っています。私は踊って表現することが好きですが、この機会を通じて自分の表現の幅を広げたいです。皆さんに笑顔をお届けできたらと思います。

-将来の目標(人物像、進路など)を教えてください。

多くの人を笑顔にできる、可愛くてかっこいいおばあちゃんです。楽しむ気持ちを忘れず、流行に敏感でいて、周りの人と人生を楽しく過ごしたいです。

-読者の方にメッセージをお願いします。

目の前のことをマイペースに頑張っていくので、温かく見守ってください。応援お願いします。

 

Entry No,2 平山乃綾

-ミスキャンパス立命館2021に挑戦したきっかけは何ですか?

私はいま、たくさんの方を私が笑顔にしたいという思いで3つのサークルに所属していますが、コロナ禍で多くの活動の機会を失ってしまいました。そこで、ミスキャンパス立命館を通じて、もっと沢山の方に私が笑顔を届けられるのではないかという思いで挑戦させていただきました。

-現在取り組んでいること(趣味、課外自主活動など)を教えてください。

私の所属するGI(学生委員会)は特に人数が多い団体なのですが、その中で13人いる役員のうちの会計という役職で携わっています。また家では、趣味であるK-POPのコピーダンスに精力的に取り組んでいます。

-日頃心掛けていること(座右の銘、モットーなど)はありますか?

今回応募するにあたって支えになった言葉は「失敗しないから挑戦しなさい」というキングコング西田さんの言葉です。「諦めず挑戦して、成功するまで続ければ失敗は通過点に過ぎない」という意味なのですが、YouTubeで出会っokて以来迷った時はいつもこの言葉に勇気をもらいます。
私は人前に出るのが得意ではなく、どちらかというと支える側でした。今回の挑戦は人生で一番大きな選択でしたが、この言葉を胸に活動しています。

-今後の活動でチャレンジしたいことや意気込みを教えてください。

「きっとこの世界の共通言語は英語じゃなくて笑顔だと思う」という言葉にある通り、国籍を問わずたくさんの方に私の笑顔を届けたいです。

-将来の目標(人物像、進路など)を教えてください。

進路は模索中ですが、素敵なお母さんになりたいと思います。私の母は、他人からよく良いお母さんだねと褒められます。顔も可愛らしく、弱音を見せない、ストイックなお母さんは、娘である私から見てもかっこいいです。何より心が若く、一緒に話していてノリが合う、そんな私の母こそ理想の人間像です。

-読者の方にメッセージをお願いします。

コロナ禍で大変な時期ですが、辛いなど思うことがあれば、きちんと休んでください。この活動を皆さんの支えにしていただけると嬉しいです。

 

Entry No,3 高倉雅

-ミスキャンパス立命館2021に挑戦したきっかけは何ですか?

私は、高校3年生の時に大きな失敗をして以来、何かに挑戦することを避けてきました。しかし就職活動が目の前に迫っていることもあり、夢であるアナウンサーを目指すため、挑戦を決意しました。

-現在取り組んでいること(趣味、課外自主活動など)を教えてください。

アニメ鑑賞が趣味なので、休日に一気に観ることが多いです。兄の影響もあり、ガンダムやマクロス、けいおんなどさまざまなジャンルの作品が好きです。また最近はカメラにもハマっていて、みんなと撮影に行くのが楽しみです。

-日頃心掛けていること(座右の銘、モットーなど)はありますか?

3回生になったあたりから意識しだした「一度決めたことは必ずやり抜く」ことです。
アナウンススクールに通っていることもあり、MIXCHANNELでの毎日配信は正直きつかったですが、Twitterでの応援の声に励まされ、毎日最低30分くらいの配信を続けることができました。

-今後の活動でチャレンジしたいことや意気込みを教えてください。

1ファイナリストであり、そしてミスキャンの1ファンとして、日本全国へ飛び出していきたいです。こうしたイベントは東京の大学に押されがちだと思いますが、立命館ならではの文化発信といったポイントを押し出していきたいです。

-将来の目標(人物像、進路など)を教えてください。

アナウンサーです。
ジャーナリストの長野智子さんに憧れています。アナウンサーの他にジャーナリストにも興味を持っています。中でも、知らなければ同じ事件が起きると考え、風化している事件を報道する使命を強く感じています。

特に、とあるいじめに関する大きな事件について私は大きな衝撃を受けましたが、当時の私の周りには知らない人が多かったことに大変驚きました。世の中には、知らなければ同じ事件が起きると考えた私は、テレビやネットニュースを欠かさずチェックするようにしています。

-読者の方にメッセージをお願いします。

実家がお寺ということもあり、五円(ご縁)を一番大切にしています。これも何かの出会いだと思います。この活動を知っていただいてありがとうございますとファンの方に伝えたいです。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.