最新ニュース

学生の出来ることから一歩ずつ 

作業をするハビタットのメンバー

国際NGO団体「Habitat for Humanity」の立命館大学支部である「Rits Habitat」が2月28日から3月14日にかけて、インドネシアで住居を建設した。

「Habitat」は1976年に世界規模での住宅支援活動を目的にアメリカで設立されたNGO団体である。2001年には日本支部が開設され、現在では学生支部として30を超える大学の学生が活躍している。本学は2002年から参加していて、30人ほどの学生が活動している。

今春は16人のメンバーが活動に参加した

「Habitat」は1976年に世界規模での住宅支援活動を目的にアメリカで設立されたNGO団体である。2001年には日本支部が開設され、現在では学生支部として33を超える大学の学生が活躍している。本学は2002年から参加している。

「Rits Habitat」は年に春と夏の2度、東南アジアを中心とした発展途上国で2周間ほどのボランティア活動を行なっている。今春は16人のメンバーがインドネシア・ジャワ島中部南岸にあるジョグジャカルタで2軒の住居を建設した。

インドネシアでの活動は現地支部との協力で進められる。穴を掘り、セメントを流し込む土台作りから始まる。木を切って柱を立て、壁となるブロックを並べていくと、だんだんと家の形になっていく。

「現地の人が修復できなくなってしまうので、立派すぎる家は建てないのです。」

「Habitat」は1976年に世界規模での住宅支援活動を目的にアメリカで設立されたNGO団体である。2001年には日本支部が開設され、現在では学生支部として33を超える大学の学生が活躍している。本学は2002年から参加している。

「Rits Habitat」は年に春と夏の2度、東南アジアを中心とした発展途上国で2周間ほどのボランティア活動を行なっている。今春は16人のメンバーがインドネシア・ジャワ島中部南岸にあるジョグジャカルタで2軒の住居を建設した。

インドネシアでの活動は現地支部との協力で進められる。穴を掘り、セメントを流し込む土台作りから始まる。木を切って柱を立て、壁となるブロックを並べていくと、だんだんと家の形になっていく。

「現地の人が修復できなくなってしまうので、立派すぎる家は建てないのです。」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。