最新ニュース

6対0と完勝 優勝へ望みつなぐ

関西学生野球秋季リーグの第3節の立命館大対京都大の第1回戦が25日、ほっともっとフィールド神戸(神戸市須磨区)で行われた。ここまで4試合を終えて1勝3敗の本学は、優勝に向けてこれ以上1つの負けも許されない。背水の陣で迎える京大との初戦。

先発の秋山凌祐(文3)は毎回ランナーを背負いながらも、要所を締める投球で3回まで京大打線を無失点に抑える。

先発のエース秋山

 打線は4回表、2連打で無死1、3塁とすると6番池上颯(文4)が右犠飛を放ち先制に成功する。6回表には山口乃義(産社4)、琉尚矢(産社4)、池上の4回生3人の安打で2点を獲得しリードを3点に広げた。

先制点となる犠飛を放つ池上

援護をもらった秋山は、4回以降は1人のランナーも許さないパーフェクトピッチング。前回登板は3回2失点で敗戦投手となった秋山だか、この試合は6回無失点7奪三振と圧巻の投球を見せエースの風格を取り戻した。

追加点を狙う打線は7回表、四死球により無死満塁とした場面で3番山口が左越えの2点二塁打、続く琉も犠牲フライで走者を返しこの回3点を獲得。リードを6点差に広げ、勝利を決定的にした。救援陣も京大打線を無失点に封じ、本学は6対0と第3節の初戦を完勝で飾った。

2番手の谷脇弘起(産社2)は2回無失点の好救援

 試合後、打線について後藤昇監督は「今日は4回生がいいところで仕事をしてくれた。彼らが打つと打線もつながる。期待通りの働きをしてくれた」とコメント。6回無失点の秋山については「彼らしい投球をしてくれた。本来このままいけば完封であったと思うが、点差も開いたので経験不足のピッチャーを投げさせるため降板させた」と話し、現在のチーム状態については「練習ではチームはすごく状態がいい。あとは練習でしていることをリーグ戦で出すだけ」と語った。主将の琉は「あと1つでも負ければ優勝はないと思う。全勝して優勝への望みをつなげていく」と前を見据えた。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.