最新ニュース

硬式野球:立同戦制す 辰己、有終の美

関西学生野球の立同戦3回戦がわかさスタジアム京都(京都市右京区)でおこなわれ本学が同志社大に11―2で勝利し、最終戦を白星で飾った。接戦となった1回戦、2回戦とは打って変わって、序盤からコンスタントに点を加えた本学の大勝だった。

大一番で好投を見せた有村

元メジャーリーガーの田口壮氏(関学大)が持つリーグ通算安打記録まであと3本の状態で、主将の辰己(産4)は最終戦を迎えた。2回、さっそく試合は動く。4番橋本(産2)の四球から好機を作り、6番大本(文3)の中前打で幸先よく先制する。その後も辰己の2塁打などで2点を加え試合の主導権を握る。

一方で先発の有村(文2)は7回を3安打無失点で抑える完ぺきなピッチングを見せる。

記録達成が期待された第6打席 辰己は2ゴロに倒れる

8回にも安打を放った辰己はついに記録まであと一本に迫る。そして迎えた9回、「辰己まで回そう」との声がベンチから飛び、打線が繋がる。2死1塁で辰己が打席に立つと球場のボルテージが一気に上がる。左打者の正面にある3塁側カメラ席の10台ほど並んだカメラから次々にシャッターが切られる。

「自分まで繋いでくれたことに心の底から感動した。初球を思いっきり振ろうと決めて打席に立った」

その言葉通りファーストストライクを強振するも打球はセカンド正面のゴロ。それでも試合後にはすがすがしい表情で取材に応えた。

「4年間、自分の全てを出し切った。最後の1年間は本当に楽しんで野球が出来た」

本学からは辰己が首位打者とベストナイン

試合後には秋季リーグの閉会式がおこなわれた。本学は近畿大学に続く2位でシーズンを終えた。主将の辰己が首位打者(:375)とベストナインのタイトルを獲得した。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。