最新ニュース

2022年度全学学生アンケート 回答率上昇 今年度全学協議会へ向けて

10月28日に開催される「公開全学協議会」(以下、全学協)に向けて、立命館大学学友会の学園振興委員会が本学学部生(33,094人)を対象に行った全学学生アンケート2022の結果について取材を行った。

今回の有効回答数は3731件で学生全体の約11%。生徒総数の要素に差異は見られるものの、昨年度に実施された全学学生アンケート2021の学生全体における回答率約2%から大幅な上昇をみせた。各学部では人数比の10%前後(学部内比率)であり、集計結果について学園振興委員長の吉田龍太さん(文3)は「どの回生も均等に回答しており、統計的に質の良いデータを収集することができた。また、単純集計や自由記述でこれまで取り扱われてきた議題についてのデータを収集することができ、学生の成長の実感や大学の満足度などの率直な意見も聞くことができた」と語った。

アンケート内容については学園振興委員会が学生部と協力して、過去の全学協から話し合われてきた課題や新型コロナウイルスの拡大で出てきた課題を基に作成された。また、新型コロナウイルスの影響でリモート授業などのさまざまな形の学生が生まれて大学が多様化し、大学が作った制度が学生に還元されているのか、満足した学生生活を送っているのかを中心にアンケートを作成したという。

今回のアンケートの結果も踏まえて、立命館大学学友会中央常任委員会および学園振興委員会で見解を共有し今年度全学協に臨む。(佐藤)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.